Amazonプライム・ビデオ

アマゾンPrime Video チャンネルが開始!したけれどかなり微妙

投稿日:2018年6月14日 更新日:

アマゾンが新サービス「Prime Video チャンネル」を開始しました。

「Prime Video チャンネル」はスポーツや趣味などに特化した専門チャンネルから観たいチャンネルだけを個別に登録して視聴できる、プライム会員向けの新しいサービスです。

開始となったのは以下の20チャンネル。

  • 時代劇専門チャンネル(月額:540円)
  • 極道戦線(月額:540円)
  • アジアドラマチャンネル(月額:864円)
  • Jsports(月額:2,138円)
  • ヨガエス(月額:540円)
  • セントラルスポーツ・フィトネスチャンネル(月額:432円)
  • 日経CNBCプラス(月額:972円)
  • BBCワールドニュース(月額:778円)
  • HISTORY(月額:324円)
  • ナショジオ ワイルド(月額:771円)
  • 将棋プラス(月額:864円)
  • 囲碁プラス(月額:864円)
  • 釣りビジョンセレクト(月額:540円)
  • ダンスチャンネル オンデマンド(月額:540円)
  • CLUB TV(月額:216円)
  • エンタメ~テレ☆バラエティ オンデマンド(月額:380円)
  • channel恐怖(月額:540円)
  • ファミ劇NEOプラス(月額:540円)
  • MEN’S NECO+オンデマンド(月額:450円)
  • VパラTVプラス(月額:490円)

いずれも月額216円〜の有料チャンネルとなり、14日間の無料体験が可能です。

売りとしては追加の機器を必要とせずに有料のチャンネルを見ることができることでしょうか。

該当番組を見たかったけれど物理的に見ることができなかったprimeユーザーには嬉しいサービス開始となる、のかな?

現状インパクトに欠けるラインナップ

アマゾンのサービス開始直後はいつも同じ感想も持ちますが、今回の「Prime Video チャンネル」もかなりインパクトに欠けるスタートとなっているように感じます。

なぜなら、全く同じでこそありませんが、このようなラインナップであれば完全無料で楽しめるAbemaTVを使えばほとんどカバーできてしまうからです。

ご紹介したように「Prime Video チャンネル」は全て有料ですので、当初のラインナップが続くのであれば相当に苦戦する気がします。(そもそもアマゾンはこのサービスでシェアが伸びるとは考えていない可能性は大ですが)

もちろん、BBCワールドニュースやHISTORYなど、クオリティの高い価値のある番組もありますが、この2チャンネルに限って言えばHuluで追加料金なしで見ることができてしまいます。

HISTORYは324円、BBCが778円もすることを考えると、Huluが相当にお得なサービスに見えてきてしまいますよね。

という訳で、当分「Prime Video チャンネル」は様子見で良いんじゃないでしょうか。

追記:「Prime Video チャンネル」使い始めてみました

「Prime Video チャンネル」がスタートしてしばらく経ちますが、当初酷評していた僕もいつの間にか「Prime Video チャンネル」のユーザーとなっています。

その理由は、「スターチャンネルEX」の存在です。

「スターチャンネルEX」はHBO作品を日本最速で放送しているという最大の強みがあり、あのゲーム・オブ・スローンズの最終シーズンも「スターチャンネルEX」で見られたから、という訳です。

「スターチャンネルEX」も熱心な海外ドラマファンじゃないかぎり他のVODサービスから切り替えるほどの魅力はありませんが、アマゾンPRIMEビデオのユーザーや、HuluやNetflixだけじゃややもの足りない方にとっては使ってみる価値はありそうです。

いずれにせよ、「Prime Video チャンネル」はお試し利用できるので、気になる場合は実際に使ってみてはいかがでしょか。

【詳細】:Prime Video チャンネル

 

Pocket

  おすすめトピック

-Amazonプライム・ビデオ

Copyright© VOD生活のススメ。 , 2019 All Rights Reserved.