プロ野球ネット中継

埼玉西武ライオンズをネットで見る方法。無料視聴も可能!

投稿日:2019年1月30日 更新日:

2018年のペナントレースを制した埼玉西武ライオンズ。惜しくもクライマックスシリーズでソフトバンクホークスに敗れてしまったものの、久しぶりのシーズン優勝に湧いた方も多いのではないでしょうか。

さて、今回は2019年のさらなる活躍が期待される埼玉西武ライオンズの試合を、ネットで見る方法についてご紹介したいと思います。

DAZNなら埼玉西武ライオンズ戦を含めたセパ11球団の主催試合を見る事が可能!

プロ野球をネットを使って楽しむならばDAZNの存在は欠かせません。

2018年にプロ野球中継を開始して以来、すっかりDAZNが手放せなくなってしまっているプロ野球ファンは多いのではないでしょうか。

DAZNでは、埼玉西武ライオンズ戦を始め、パ・リーグは全試合、さらにセ・リーグも巨人の主催試合を除く試合をほぼ全て中継しており、ネットでプロ野球を見たいならばDAZN利用で間違い無し!、と断言できるサービス内容となっています。

とは言え、DAZNにもサービスを利用するにあたり何点か注意点もありますのでご紹介しておきます。

※主にセ・リーグの球団に関することがメインではありますので、ご参考程度にご確認下さい。

DAZNの注意点

・巨人の主催試合は対象外

残念ながら、巨人の主催試合だけはDAZNでも見ることはできません。

・広島の試合は広島県内では視聴不可

広島県内からは、広島の主催試合を見ることができません。要注意です。

・中日の試合は主要試合を中継(全試合ではない)

中日戦は全ての試合を観られる訳ではありません。

以上、いくつか注意点があるものの、パ・リーグの試合にはあまり関係がありませんし、DAZN以上に1サービスでプロ野球を観られるサービスはありませんので、シーズンを通してプロ野球を満喫したい場合はDAZNをおすすめします。

1ヶ月の無料利用も可能ですので、まずはご自身の環境で試してみてはいかがでしょうか。

【 視聴可能コンテンツ 】
・パシフィック・リーグ 全球団の公式戦および各球団のオープン戦の一部
・セントラル・リーグ 巨人戦を除く公式戦主催全試合
※広島東洋カープ(ライブ中継については広島県内および一部地域では利用不可)、東京ヤクルトスワローズ、阪神タイガース(阪神タイガース主催公式戦のライブ配信は、数分間のディレイ(遅延)での配信)日本シリーズ、オールスター戦は対象外
・その他スポーツ(MLB、Jリーグ、欧州サッカー、Bリーグ、F1他)

【 対応デバイス 】
・パソコン(Windows、Mac)
・スマートフォン(Android、iOS)
・Apple TV
・Chromecast
・Air Stick
・Amazon Fire TV, Fire TV Stick
・Hikari TV
・TV(Sony,Panasonic,LG,Toshiba Smart TV)

 

↓今すぐ埼玉西武ライオンズ戦を見る↓

パ・リーグ専門チャンネル「パリーグTV」で西武戦も見放題

『パ・リーグTV』は、その名の通りパ・リーグ専門のチャンネルです。

パ・リーグTV』の利用料金は月額1,450円ですが、パ・リーグ各球団の有料ファンクラブ会員であれば950円で利用する事ができます。

『パ・リーグTV』では、リーグ公式戦に加え、交流戦(パ・リーグ主催試合)・クライマックスシリーズそして巨人と阪神の主催試合まで見る事が可能です。

ユニークなサービスとして、ホームランや好プレーなどをさまざまなアングルから楽しめる、「マルチアングルVOD」も楽しむことが可能です。

【 視聴可能コンテンツ 】
・パ・リーグ主催の一軍公式戦
・パ・リーグ主催のオープン戦
・ファイターズ・ライオンズ・マリーンズ・バファローズ・ホークス主催の二軍公式戦(一部)、およびジャイアンツ対パ・リーグチームの二軍公式戦(一部)
・交流戦のパ・リーグ主催試合に加え、巨人阪神主催試合
・クライマックスシリーズのパ・リーグの試合

【 対応デバイス 】
・パソコン(Windows、Mac)
・スマートフォン(Android、iOS)

 

↓今すぐ埼玉西武ライオンズ戦を見る↓

「Rakuten TV」なら690円でライオン戦含むパ・リーグ全試合を観戦可能

楽天が運営する『RakutenTV』でもパ・リーグの公式戦を全試合をネットで見ることが可能です。

『RakutenTV』の特徴は、利用料金の安さです。

『DAZN』や『パ・リーグTV』は通常料金が1,500円前後しますが、『RakutenTV』は月額690円と圧倒的な低価格を実現しています。

また、年間パスポートを購入すると5,500円と更に安くなりますので、年間を通して埼玉西武ライオンズ戦をネットで見たいのであれば『RakutenTV』はおすすめなサービスです。

『RakutenTV』は『DAZN』同様に、31日間の無料体験が用意されていますので、まずは一度無料で利用してみる事をおすすめします。

【 視聴可能コンテンツ 】
・パ・リーグ公式戦全試合
・交流戦(パ・リーグ主催試合)
・パ・リーグ クライマックス・シリーズ
・一部のオープン戦
・ヒーローインタビュー

【 対応デバイス 】
・パソコン(Windows、Mac)
・スマートフォン(Android、iOS)
・TV(ブラビア、ビエラ)
・Chromecast
・PlayStation®4
・Wii U

 

↓今すぐ埼玉西武ライオンズ戦を見る↓

Yahoo!プレミアム特典「パ・リーグLIVE」なら最安月額462円でパ・リーグを堪能できる!

意外なサービスとして最後にご紹介するのは「パ・リーグLIVE」です。

「パ・リーグLIVE」は、

  • パ・リーグ公式戦全戦
  • 交流戦(パ・リーグ主催試合)
  • パ・リーグクライマックス・シリーズ
  • 西武ライオンズのファーム戦

のライブ中継がスマホやタブレットで見られる、非常に充実したサービスです。また、過去1週間分の試合を、見たいときに見ることも可能です。

じつは、この「パ・リーグLIVE」はyahooのプレミアム会員向けのサービスで、yahooプレミアム会員であれば追加料金なしで見ることが可能です。

実はすでにyahooプレミアム会員の方は多いのではないでしょうか? そんな方はパ・リーグLIVE」を利用しない手はありません。すぐに利用しましょう。

また、yahooプレミアム会員じゃない方もたった月額462円(税別)で利用できるサービスですので、シーズン中だけでも利用してみてはいかがでしょうか。

ヤフオクやyahooショッピングがお得に利用できるので、個人的にはかなりおすすめです。

↓サービス詳細↓

まとめ

以上、埼玉西武ライオンズの試合をネットで見る方法のご紹介でした。

使い分けとしては、

・プロ野球をはじめとしたスポーツ中継を幅広く楽しみたいのであれば『DAZN』

・パ・リーグをとことん堪能するのであれば『パ・リーグTV』

・パ・リーグをリーズナブルに楽しむのであれば『RakutenTV』か「パ・リーグLIVE」

といったところでしょうか。

『DAZN』はありとあらゆるスポーツを楽しむことができるので、一度は試してみる価値のあるサービスです。『パ・リーグLIVE』と『RakutenTV』もリーズナブルな価格設定は魅力的ですよね。

繰り返しになりますが、『DAZN』や『RakutenTV』には無料で使える期間が設けられていますので、まずは無料体験で使い勝手を試してから有料利用を検討してはいかがでしょうか。

無料体験期間は、「今日だけはどうしても外出先で試合を見たい」なんて場面でも有効活用できます(無料だしね)ので、ぜひ有効活用してみて下さい。

Pocket

  おすすめトピック

-プロ野球ネット中継

Copyright© VOD生活のススメ。 , 2019 All Rights Reserved.